試合結果

2020.9.21
東成区民センター大会
東成区民センター
2020.8.9
東成区民センター大会
東成区民センター
2020.7.19
平野区民ホール大会
平野区民ホール
2020.3.22
プロレスリング紫焔10周年記念大会
COOLJAPANPARKOSAKA SSホール
2020.2.23
大淀コミュニティセンター大会
大淀コミュニティセンター
2020.1.19
都島区民センター大会
都島区民センター
  • 2019年の試合結果
  • 2018年の試合結果
  • 2017年の試合結果
  • 2016年の試合結果
  • 2015年の試合結果
  • 2014年の試合結果
  • 2013年の試合結果
  • 2012年の試合結果
  • 2011年の試合結果
  • 2010年の試合結果
2020.9.21

東成区民センター大会

2020年9月21日(月祝)
東成区民センター 観衆:131人

▼ダークマッチ シングルマッチ15分一本勝負
○アスカ・ザ・ワールド 胴締めスリーパーホールド
6分1秒
バーベQ青木×

▼オープニングマッチ タッグマッチ20分一本勝負
タイガーハート
×川端佑子
大車輪
9分44秒
DAICHI○
山田元気

▼第2試合 6人タッグマッチ20分一本勝負
ラスカル藤原
×ジョーカー冬木
バハムート
GTS→片エビ固め
11分57秒
滝井洋介○
トモ榎並
尾久頼明

▼第3試合 “I LOVE 紫焔”選手権試合
ケンカマッチ5分一本勝負
【王者】
△馬骨
時間切れ引き分け 【挑戦者】
キアイリュウケンエッちゃん△
※引き分けの為、馬骨が初防衛に成功

▼再試合 “I LOVE 紫焔”選手権試合
ゴムパッチンチキンレース無制限一本勝負
【王者】
×馬骨
ゴムパッチンを離したため
計測不能
【挑戦者】
キアイリュウケンエッちゃん○
※キアイリュウケンエッちゃんが、第8代”I LOVE 紫焔”王者となる
※試合後、DAICHIが馬骨の腕を破壊し、挑戦をアピールした‬

▼第4試合 タッグマッチ30分一本勝負
政岡純
×麒麟
スクリューパワースラム
18分58秒
谷口弘晃○
アスカ・ザ・ワールド
※試合後
政岡が谷口に、手を組まないかと呼びかける。これに谷口が応えLIBERTAの新メンバーとなった。

▼セミファイナル タッグマッチ60分一本勝負
マロ栗山
×後藤哲也
逆エビ固め
16分34秒
ドングリー藤江
ボンバー奥野○
  

▼メインイベント プロレスリング紫焔シングル選手権試合
ランバージャックマッチ60分一本勝負
【王者】
○大久保寛人
パッケージジャーマンスープレックスホールド
14分46秒
【挑戦者】
ライパチ磯部×
※大久保寛人が初防衛に成功
※試合後
大久保は次の挑戦者にドングリー藤江を指名。
しかし藤江は、ほかに挑戦したい選手はいないのかと問いかける。そこに登場したボンバー奥野が挑戦表明。
10/18に奥野のシングル初挑戦が決定、その勝者に12/27東成大会で藤江が挑戦することとなった。
遅れて登場した谷口も挑戦をアピールするも、既に2人の挑戦が決定したため来年に挑戦となりそうだ。
2020.8.9

東成区民センター大会

2020年8月9日(日)
東成区民センター 観衆:149人(満員)

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
○DAICHI 腕ひしぎ逆十字固め
6分39秒
川端佑子×

▼第2試合 6人タッグマッチ20分一本勝負
ラスカル藤原
○ドングリー藤江
バハムート
ムーンサルトプレス
10分29秒
谷口弘晃
山田元気
バーベQ青木×

▼第3試合 “I LOVE 紫焔”選手権試合
5WAYマッチ30分一本勝負
○馬骨 ウマイェ
4分57秒
キアイリュウケンリュウケンエッちゃん×
※プロレスルール•リングアウト•声を出したら負け、の特別ルール
※退場順、ジョーカー冬木、トモ榎並、マロ栗山
※王者が初防衛に失敗
※馬骨が第7代‪”I LOVE 紫焔”‬王者となった

▼第4試合 タッグマッチ30分一本勝負
タイガーハート
×後藤哲也
GTS
14分54秒
滝井洋介○
尾久頼明

▼セミファイナル シングルマッチ60分一本勝負
○政岡純 トラースキック
14分13秒
ボンバー奥野×

▼メインイベント プロレスリング紫焔タッグ選手権試合
タッグマッチ60分一本勝負
【王者】
○ライパチ磯部
麒麟
グランドスラム
8分27秒
【挑戦者】
大久保寛人×
アスカ・ザ・ワールド
※王者組が初防衛に成功
2020.7.19

平野区民ホール大会

2020年7月19日(日)
平野区民ホール 観衆:89人(満員)

▼オープニングマッチ タッグマッチ20分一本勝負
○DAICHI
山田元気
スピアー→エビ固め
9分40秒
ケルベロス松本×
川端佑子

▼第2試合 シングルマッチ20分一本勝負
○ジョーカー冬木 ジャイアントプレス
7分3秒
後藤哲也×

▼第3試合 タッグマッチ30分一本勝負
○タイガーハート
馬骨
ジャックハマー
12分1秒
トモ榎並×
尾久頼明

▼第4試合 6人タッグマッチ30分一本勝負
○キアイリュウケンエッちゃん
ラスカル藤原
滝井洋介
バーニングラリアット→片エビ固め
12分0秒
マロ栗山
ドングリー藤江
バハムート×

▼セミファイナル シングルマッチ60分一本勝負
○谷口弘晃 チョークスラム→片エビ固め
12分15秒
バーベQ青木×

▼メインイベント 6人タッグマッチ60分一本勝負
大久保寛人
○アスカ・ザ・ワールド
ボンバー奥野
アスカ来日
21分15秒
政岡純
ライパチ磯部×
麒麟
※試合後
アスカが大久保の2冠を見たい、と発言しタッグベルトへの挑戦を表明。
王者組も了承したため、8/9東成区民センター大会でのタイトル戦が決定した。
2020.3.22

プロレスリング紫焔10周年記念大会

2020年3月22日(日)
COOLJAPANPARKOSAKA SSホール 観衆:186人(満員)

▼ダークマッチ シングルマッチ15分一本勝負
○ジョーカー冬木 ジャイアントプレス
4分36秒
馬骨×

▼オープニングマッチ 後藤哲也デビュー戦
20分一本勝負
○TORU ドロップキック→体固め
10分11秒
後藤哲也×

▼第2試合 シングルマッチ20分一本勝負
○アスカ・ザ・ワールド バックドロップ→片エビ固め
11分41秒
バーベQ青木×

▼第3試合 6人タッグマッチ30分一本勝負
トモ榎並
尾久頼明
×DAICHI
ダイビングヘッドバット→エビ固め
11分52秒
ボンバー奥野○
川端佑子
ケルベロス松本

▼第4試合 シングルマッチ30分一本勝負
×タイガーハート スクリューパワースラム→エビ固め
11分21秒
谷口弘晃○

▼第5試合 プロレスリング紫焔次期タッグ王座決定戦
タッグマッチ60分一本勝負
マロ栗山
×ラスカル藤原
グランドスラム→片エビ固め
16分11秒
ライパチ磯部○
麒麟
※ライパチ磯部&麒麟組が第14代紫焔タッグ王者となる

▼セミファイナル “I LOVE 紫焔”選手権試合
エニウェアフォールマッチ60分一本勝負
【王者】
×ドングリー藤江
バーニングラリアット→片エビ固め
16分38秒
【挑戦者】
キアイリュウケンエッちゃん○
※王者が初防衛に失敗
※キアイリュウケンエッちゃんが第6代“I LOVE 紫焔”王者となる

▼メインイベント プロレスリング紫焔シングル選手権試合
シングルマッチ60分一本勝負
【王者】
×政岡純
二段階式パッケージジャーマンスープレックスホールド
23分26秒
【挑戦者】
大久保寛人○
※王者が初防衛に失敗
※大久保寛人が第6代紫焔王者となる
2020.2.23

大淀コミュニティセンター大会

2020年2月23日(日)
大淀コミュニティセンター 観衆:128人(満員)

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
○麒麟 旋回式シュバイン→片エビ固め
8分6秒
川端佑子×

▼第2試合 タッグマッチ30分一本勝負
マロ栗山
○ラスカル藤原
ランニングエルボー→片エビ固め
13分9秒
アスカ・ザ・ワールド
バーベQ青木×
※試合後
藤原が前タッグ王者マロと共闘し、空位のタッグベルトを獲るとアピール。
そこにマロと前タッグベルトを保持していた磯部が登場。
それなら磯部も麒麟とタッグを結成しベルトを獲るとアピール
10周年大会で、マロ&藤原vs磯部&麒麟で次期タッグ王者決定戦が決定した。

▼第3試合 6人タッグマッチ30分一本勝負
タイガーハート
○トモ榎並
DAICHI
バックドロップ→片エビ固め
12分38秒
尾久頼明
ボンバー奥野×
ケルベロス松本

▼第4試合 ‪"I LOVE 紫焔"‬選手権試合
シングルマッチ60分一本勝負

試合ルール
磯部は通常のプロレスルール、藤江は2カウントでの特別ルール

【王者】
×ライパチ磯部
ムーンサルトプレス
11分15秒
【挑戦者】
ドングリー藤江○
※王者が初防衛に失敗。藤江が第5代王者となる。

▼セミファイナル シングルマッチ60分一本勝負
○大久保寛人 パッケージ式ジャーマンスープレックスホールド
14分58秒
谷口弘晃×

▼メインイベント プロレスリング紫焔シングル選手権試合
シングルマッチ60分一本勝負
【王者】
×キアイリュウケンエッちゃん
Ambitions→片エビ固め
21分28秒
【挑戦者】
政岡純○
※王者が5度目の防衛に失敗。政岡が第5代王者となる。
※試合後
セミで勝利した大久保が10周年メインでの挑戦を表明。
しかしそこに‪”I LOVE 紫焔”‬王者藤江がリング上に。藤江は10周年でエッちゃんとの‪”I LOVE 紫焔”‬をするとアピール。
どちらのタイトル戦がメインでするのかは投票で決めることとなった。
投票での決め方は改めて発表させていただきます
2020.1.19

都島区民センター大会

2020年1月19日(日)
都島区民センター 観衆:138人(満員)

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
○麒麟 バグソーキック→体固め
8分9秒
ケルベロス松本×

▼セミファイナル シングルマッチ20分一本勝負
○タイガーハート ジャーマンスープレックスホールド
10分7秒
川端佑子×

▼第3試合 タッグマッチ30分一本勝負
キアイリュウケンエッちゃん
×ジョーカー冬木
ランニングエルボー→片エビ固め
9分30秒
ラスカル藤原○
尾久頼明

▼セミファイナル ‪"I LOVE 紫焔"‬選手権試合
シングルマッチ60分一本勝負
【王者】
×ドングリー藤江
ラウンディングボディプレス
14分17秒
【挑戦者】
ライパチ磯部○
王者が4度目の防衛に失敗。
ライパチ磯部が第4代‪”I LOVE 紫焔”‬王者となる。
※試合後
政岡の乱入により負けたと主張する藤江が、リマッチを要求。
王者がルールを決めれる為、これを了承。
2/23大淀大会でのリマッチが決定した。

▼セミファイナル タッグマッチ60分一本勝負
大久保寛人
×DAICHI
チョークスラム→片エビ固め
20分13秒
谷口弘晃○
ボンバー奥野
※試合後
谷口が10周年のメインに立つとアピール。
そこに大久保が待ったをかけ、どちらがふさわしいか来月試合で証明することに。
これにより2/23大淀大会でのシングルが決定した。

▼メインイベント シングルマッチ60分一本勝負
○政岡純 Ambitions→片エビ固め
12分19秒
マロ栗山×
※試合後
政岡が勝利し改めて共闘を呼びかけるも、マロがマイクを持つ瞬間に政岡がトラースキックを叩き込む。
そして磯部も止めると思いきやまさかのマロに一撃。マロがLIBERTAを追放されることとなった。
そして政岡はエッちゃんの持つシングルベルトに挑戦表明。
エッちゃんも了承した為、2/23大淀大会にてタイトルマッチが決定となった。