試合結果

2017.7.16
天王寺区民センター大会
天王寺区民センター
2017.7.15
上本町ハイハイタウン大会
大阪・うえほんまちハイハイタウン野外特設リング
2017.7.9
新世界大会
大阪・スパワールド正面エントランス特設リング 
2017.6.18
世界館大会
弁天町・世界館
2017.6.11
上本町ハイハイタウン大会
大阪・うえほんまちハイハイタウン野外特設リング   
2017.6.4
ビオルネ枚方大会
ビオルネ枚方正面入口特設リング
2017.5.28
新世界大会
大阪・スパワールド北側階段下
2017.5.21
西成区民センター大会
西成区民センター
2017.5.14
第40回東大阪市民ふれあい祭り
大阪・花園中央公園特設リング
2017.5.7
上本町ハイハイタウン大会
大阪・うえほんまちハイハイタウン野外特設リング  
2017.4.29
どっぷり昭和町2017
苗代小学校特設リング
2017.4.16
プロレスリング紫焔7周年記念大会
東成区民センター
大阪・東成区民センター
2017.4.9
ハイハイタウン大会
大阪・うえほんまちハイハイタウン野外特設リング 
2017.4.2
プロレスリング紫焔 IN OSAKA盛り上げ隊「西成DASH!!」リターンズ!!
西成区民センター
2017.3.26
新世界大会
大阪・スパワールド正面エントランス特設リング
2017.3.12
上本町ハイハイタウン大会
大阪・うえほんまちハイハイタウン野外特設リング
2017.2.26
世界館大会
弁天町・世界館
2017.1.22
アゼリア大正大会
アゼリア大正
  • 2016年の試合結果
  • 2015年の試合結果
  • 2014年の試合結果
  • 2013年の試合結果
  • 2012年の試合結果
  • 2011年の試合結果
  • 2010年の試合結果
2017.7.16

天王寺区民センター大会

2017年7月16日(日)
天王寺区民センター 観衆:119人

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
○谷口弘晃 チョークスラム→片エビ固め
8分44秒
麒麟×

▼第2試合 シングルマッチ20分一本勝負
×タイガーハート リングアウト
8分42秒
尾久頼明○

▼第3試合 タッグマッチ30分一本勝負
○ライパチ磯部
マロ栗山
グランドスラム→片エビ固め
16分22秒
キアイリュウケンエッちゃん
名塩達成×
※試合後
磯部がタッグベルト防衛戦の相手に、1月アゼリア大会で負けた相手
タイガーハート&麒麟組を逆指名した。
これにより8/13日東成区民センター大会でのタッグベルト戦が決定した。

▼セミファイナル タッグマッチ60分一本勝負
ラスカル藤原
○ドングリー藤江
ムーンサルトプレス
14分30秒
アスカ・ザ・ワールド
DAICHI×
※試合後
藤原がマイクを持ち、この試合でフジツーの解散が発表された。

▼メインイベント ONECHANCEトーナメント2017決勝戦
シングルマッチ60分一本勝負
×大久保寛人 ファイヤーバードスプラッシュ
19分50秒
政岡純○
政岡純がONECHANCEトーナメント2017優勝となる
※試合後
政岡がマイクを持ちシングルベルトの挑戦を表明。
王者藤江が了承し、8/13東成区民センター大会での紫焔シングルタイトルマッチが決定となる。
2017.7.15

上本町ハイハイタウン大会

2017年7月15日(土)
大阪・うえほんまちハイハイタウン野外特設リング 

▼オープニングマッチ 8人タッグマッチ20分一本勝負
ドングリー藤江
マロ栗山
×尾久頼明
名塩達成
アスカ来日→片エビ固め
15分49秒
タイガーハート
谷口弘晃
アスカ・ザ・ワールド○
DAICHI

▼セミファイナル One Chanceトーナメント準決勝
シングルマッチ30分一本勝負
○大久保寛人 ジャーマンスープレックスホールド
12分11秒
ライパチ磯部×
※大久保寛人が決勝へ進出

▼メインイベント One Chanceトーナメント準決勝
シングルマッチ30分一本勝負
○政岡純 スモールパッケージホールド
13分54秒
キアイリュウケンエッちゃん×
※政岡純が決勝へ進出
2017.7.9

新世界大会

2017年7月9日(日)
大阪・スパワールド正面エントランス特設リング  

▼オープニングマッチ One Chanceトーナメント1回戦
シングルマッチ30分一本勝負
○政岡純 トラースキック→片エビ固め
11分23秒
名塩達成×
※政岡純が準決勝に進出

▼セミファイナル One Chanceトーナメント1回戦
シングルマッチ30分一本勝負
×マロ栗山 スクールボーイ
11分00秒
ライパチ磯部○
※ライパチ磯部が準決勝に進出

▼メインイベント 8人タッグマッチ30分一本勝負
ドングリー藤江
キアイリュウケンエッちゃん
○大久保寛人
尾久頼明
高速ジャーマンスープレックスホールド
15分55秒
タイガーハート
谷口弘晃
DAICHI×
麒麟

2017.6.18

世界館大会

2017年6月18日(日)
弁天町・世界館 観衆:158人(満員)

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
×麒麟 ドラゴンスープレックスホールド
7分59秒
名塩達成○

▼第2試合 シングルマッチ20分一本勝負
○タイガーハート 背面式羽折固め
10分9秒
DAICHI×

▼第3試合 4WAYマッチ30分一本勝負
○キアイリュウケンエッちゃん バーニングラリアット→片エビ固め
12分31秒
尾久頼明×

▼セミファイナル シングルマッチ60分一本勝負
×大久保寛人 2trap
17分40秒
政岡純○

▼メインイベント プロレスリング紫焔タッグ選手権試合タッグマッチ60分一本勝負 
【王者】
×ラスカル藤原
ドングリー藤江
グランドスラム→片エビ固め
19分40秒
【挑戦者】
ライパチ磯部○
谷口弘晃
※王者が5度目の防衛に失敗
ライパチ磯部&谷口弘晃組が第7代王者となる
2017.6.11

上本町ハイハイタウン大会

2017年6月11日(日)
大阪・うえほんまちハイハイタウン野外特設リング    

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
○タイガーハート タイガースープレックスホールド
9分4秒
麒麟×

▼セミファイナル タッグマッチ30分一本勝負
キアイリュウケンエッちゃん
○大久保寛人
ジャーマンスープレックスホールド
17分10秒
政岡純×
DAICHI

▼メインイベント タッグマッチ30分一本勝負
△ドングリー藤江
マロ栗山
時間切れ引き分け ライパチ磯部△
谷口弘晃

2017.6.4

ビオルネ枚方大会

2017年5月4日(日)
ビオルネ枚方正面入口特設リング 

▼オープニングマッチ タッグマッチ20分一本勝負
タイガーハート
×名塩達成
ジャーマンスープレックスホールド
13分35秒
大久保寛人○
谷口弘晃

▼セミファイナル シングルマッチ30分一本勝負
○マロ栗山 ランニングライガーボム
7分33秒
麒麟×

▼メインイベント タッグマッチ30分一本勝負
○ドングリー藤江
キアイリュウケンエッちゃん
ムーンサルトプレス
14分1秒
政岡純
ライパチ磯部×

2017.5.28

新世界大会

2017年5月28日(日)
大阪・スパワールド北側階段下 

▼オープニングマッチ タッグマッチ20分一本勝負
タイガーハート
×麒麟
ライガーボム
12分23秒
マロ栗山○
DAICHI

▼セミファイナル タッグマッチ30分一本勝負
キアイリュウケンエッちゃん
×チェン・リー
スクリューパイルドライバー→片エビ固め
11分20秒
大久保寛人
ザンビエフ○
エッちゃん、大久保ともにパートナーを呼び込み始まったこの戦い。
最後はパートナー同士での決着となった。
※この試合はyoutubeでの配信はありません。

▼メインイベント
ドングリー藤江
×名塩達成
チョークスラム→エビ固め
12分50秒
政岡純
谷口弘晃○

2017.5.21

西成区民センター大会

2017年5月21日(日)
西成区民センター 観衆:114人

▼オープニングマッチ タッグマッチ20分一本勝負
ラスカル藤原
○ドングリー藤江
ムーンサルトプレス
10分56秒
尾久頼明
DAICHI×

▼第2試合 シングルマッチ20分一本勝負
○キアイリュウケンエッちゃん バーニングラリアット→片エビ固め
8分9秒
マロ栗山×

▼第3試合 シングルマッチ30分一本勝負
○タイガーハート クォーラルスペシャル
11分34秒
名塩達成×

▼セミファイナル シングルマッチ60分一本勝負
○政岡純 トラースキック→片エビ固め
11分42秒
麒麟×

▼メインイベント プロレスリング紫焔タッグ選手権次期挑戦者決定戦
タッグマッチ60分一本勝負
×大久保寛人
アスカ・ザ・ワールド
グランドスラム→片エビ固め
20分24秒
ライパチ磯部○
谷口弘晃
※試合後
改めて、磯部&谷口組がタッグベルトへの挑戦を表明。
6/18(日)世界館大会での
【王者】ラスカル藤原&ドングリー藤江 vs ライパチ磯部&谷口弘晃【挑戦者】が決定となった。
2017.5.14

第40回東大阪市民ふれあい祭り

2017年5月14日(日)
大阪・花園中央公園特設リング 

▼オープニングマッチ タッグマッチ20分一本勝負
○タイガーハート
麒麟
マティマティカバスター→片エビ固め
13分2秒
谷口弘晃
DAICHI×

▼セミファイナル 東大阪ふれあい祭りプレゼンツ"HWGP"杯
シングルマッチ30分一本勝負
○大久保寛人 ジャーマンスープレックスホールド
10分11秒
尾久頼明×

▼メインイベント 6人タッグマッチ30分一本勝負
キアイリュウケンエッちゃん
政岡純
×名塩達成
ムーンサルトプレス
17分45秒
ドングリー藤江○
マロ栗山
ライパチ磯部

2017.5.7

上本町ハイハイタウン大会

2017年5月7日(日)
大阪・うえほんまちハイハイタウン野外特設リング   

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
タイガーハート
○麒麟
シャイニング・ウィザード→体固め
12分39秒
尾久頼明
ジョーカー冬木×

▼セミファイナル タッグマッチ30分一本勝負
○ドングリー藤江
マロ栗山
ムーンサルトプレス
15分10秒
政岡純
DAICHI×
※試合後
政岡が藤江にシングルベルトへの挑戦を表明。
しかし、藤江は結果を残してから再度挑戦をしてこいと要求。
藤江が指名した麒麟選手を倒し、政岡はシングルベルトに挑戦できるのであろうか。


▼メインイベント タッグマッチ30分一本勝負
キアイリュウケンエッちゃん
大久保寛人
○アスカ・ザ・ワールド
アスカ来日
13分25秒
ライパチ磯部
谷口弘晃
名塩達成×
※試合後
大久保&アスカ組がタッグベルトへの挑戦を改めて表明。
そこに待ったをかけたのが、磯部&谷口組。
これにより、5/21(日)西成区民センター大会での次期タッグ挑戦者決定戦が決定した。


2017.4.29

どっぷり昭和町2017

2017年4月29日(土祝)
苗代小学校特設リング 

第一部

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
○タイガーハート マティマティカバスター→片エビ固め
10分39秒
DAICHI×

▼セミファイナル タッグマッチ30分一本勝負
○ドングリー藤江
マロ栗山
ムーンサルトプレス
13分4秒
キアイリュウケンエッちゃん
ジョーカー冬木×

▼メインイベント タッグマッチ30分一本勝負
大久保寛人
×麒麟
グランドスラム→片エビ固め
9分48秒
ライパチ磯部○
谷口弘晃

第二部

▼オープニングマッチ タッグマッチ20分一本勝負
タイガーハート
×麒麟
スクリューパワースラム→片エビ固め
6分42秒
マロ栗山
谷口弘晃○

▼セミファイナル シングルマッチ30分一本勝負
○キアイリュウケンエッちゃん レフリーストップ
9分51秒
※イカを口に入れられた為失神
ライパチ磯部×

▼メインイベント タッグマッチ30分一本勝負
ドングリー藤江
×DAICHI
ジャーマンスープレックスホールド
12分58秒
大久保寛人○
尾久頼明
2017.4.16

プロレスリング紫焔7周年記念大会
東成区民センター

2017年4月16日(日)
大阪・東成区民センター 観衆:258人

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
×DAICHI ジャパニーズレッグロールクラッチ
13分23秒
名塩達成○

▼第2試合 タッグマッチ20分一本勝負
○タイガーハート
トモ榎並
ジャックハマー
12分20秒
尾久頼明
ジョーカー冬木×

▼第3試合 シングルマッチ30分一本勝負
○ライパチ磯部 グランドスラム→片エビ固め
14分50秒
麒麟×

▼第4試合 シングルマッチ30分一本勝負
×政岡純 チョークスラム→片エビ固め
11分4秒
谷口弘晃○

▼セミファイナル タッグマッチ60分一本勝負
大久保寛人
○アスカ・ザ・ワールド
アスカ来日
16分21秒
ラスカル藤原
マロ栗山×

▼メインイベント プロレスリング紫焔シングル選手権シングルマッチ60分一本勝負
【王者】
×キアイリュウケンエッちゃん
ドングリースプラッシュ
18分20秒
【挑戦者】
ドングリー藤江○
※王者が2回目の防衛に失敗
ドングリー藤江が第2代目王者となる
2017.4.9

ハイハイタウン大会

2017年4月9日(日)
大阪・うえほんまちハイハイタウン野外特設リング  

▼オープニングマッチ タッグマッチ20分一本勝負
タイガーハート
○麒麟
バグソーキック→片エビ固め
13分42秒
ライパチ磯部
トモ榎並×

▼セミファイナル タッグマッチ30分一本勝負
政岡純
○DAICHI
腕固め
13分27秒
谷口弘晃
名塩達成×

▼メインイベント 6人タッグマッチ30分一本勝負
キアイリュウケンエッちゃん
大久保寛人
○アスカ・ザ・ワールド
アスカ来日→片エビ固め
16分36秒
ドングリー藤江
マロ栗山
尾久頼明×

2017.4.2

プロレスリング紫焔 IN OSAKA盛り上げ隊「西成DASH!!」リターンズ!!

2017年4月2日(日)
西成区民センター 

第一部

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
○ライパチ磯部 BTボム
6分45秒
トモ榎並×

▼セミファイナル シングルマッチ20分一本勝負
○タイガーハート ジャックハマー
8分27秒
ジョーカー冬木×

▼メインイベント OSAKA盛り上げ隊プレゼンツオリジナルマスクマン10人タッグマッチ30分一本勝負
○マモルンジャー ムーンサルトプレス
10分30秒
コソドロー×

第二部

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
○タイガーハート ジャーマンスープレックスホールド
10分20秒
トモ榎並×

▼セミファイナル 6人タッグマッチ30分一本勝負
マロ栗山
○ドングリー藤江
ジョーカー冬木
ムーンサルトプレス
14分55秒
政岡純
麒麟×
ライパチ磯部

▼メインイベント タッグマッチ30分一本勝負
○キアイリュウケンエッちゃん
大久保寛人
バーニングラリアット
12分5秒
谷口弘晃×
尾久頼明
2017.3.26

新世界大会

2017年3月26日(日)
大阪・スパワールド正面エントランス特設リング 

▼オープニングマッチ タッグマッチ20分一本勝負
タイガーハート
×麒麟
バックドロップ→片エビ固め
9分30秒
マロ栗山
トモ榎並×

▼セミファイナル シングルマッチ20分一本勝負
○ライパチ磯部 グランドスラム→片エビ固め
12分40秒
名塩達成×

▼メインイベント マッチョロウリュウスペシャル6人タッグマッチ30分一本勝負
○キアイリュウケンエッちゃん
政岡純
谷口弘晃
バーニングラリアット→片エビ固め
13分10秒
ドングリー藤江
大久保寛人
尾久頼明×

2017.3.12

上本町ハイハイタウン大会

2017年3月12日(日)
大阪・うえほんまちハイハイタウン野外特設リング 

▼オープニングマッチ タッグマッチ20分一本勝負
タイガーハート
○麒麟
バグソーキック→片エビ固め
11分31秒
トモ榎並
名塩達成×

▼第2試合 シングルマッチ20分一本勝負
○マロ栗山 ライガーボム
6分26秒
尾久頼明×

▼セミファイナル シングルマッチ30分一本勝負
○キアイリュウケンエッちゃん バーニングラリアット→片エビ固め
10分52秒
DAICHI×

▼メインイベント スペシャル4WAYマッチ30分一本勝負
○ドングリー藤江 ムーンサルトプレス
13分17秒
政岡純×
※退場順
一人目 大久保寛人退場
ライパチ磯部のグランドスラム→片エビ固め
二人目 ライパチ磯部退場
政岡純のラ・マヒストラル


2017.2.26

世界館大会

2017年2月26日(日)
弁天町・世界館 観衆:151人(満員)

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
○トモ榎並 バックドロップ→片エビ固め
7分30秒
DAICHI×

▼第2試合 シングルマッチ20分一本勝負
×尾久頼明 スモールパッケージホールド
10分50秒
名塩達成○

▼第3試合 シングルマッチ30分一本勝負
○マロ栗山 ランニングライガーボム
12分31秒
政岡純×

▼セミファイナル 6人タッグマッチ60分一本勝負
キアイリュウケンエッちゃん
大久保寛人
○アスカ・ザ・ワールド
アスカ来日
17分58秒
ライパチ磯部
谷口弘晃
馬骨×

▼メインイベント プロレスリング紫焔タッグ選手権試合タッグマッチ60分一本勝負
【王者】
ラスカル藤原
○ドングリー藤江
ムーンサルトプレス
20分50秒
【挑戦者】
タイガーハート
麒麟×
※王者組が四度目の防衛となる
2017.1.22

アゼリア大正大会

2017年1月22日(日)
アゼリア大正 観客:177人(満員)

▼オープニングマッチ シングルマッチ20分一本勝負
×馬骨 スモールパッケージホールド
9分20秒
名塩達成○

▼第2試合 シングルマッチ20分一本勝負
○トモ榎並 バックドロップ→片エビ固め
7分52秒
尾久頼明×

▼第3試合 タッグマッチ30分一本勝負
タイガーハート
○麒麟
バグソーキック→片エビ固め
15分9秒
ライパチ磯部×
谷口弘晃
※試合後
麒麟がタイガーハートとのタッグベルト挑戦をアピールした。

▼セミファイナル 初夢・初笑・新春スペシャル3WAYマッチ60分一本勝負
○マロ栗山 ダイビングセントーン→体固め
10分57秒
大久保寛人×
※もう一人はキアイリュウケンエッちゃん
1本目 大久保寛人(お年玉先取ルール)
2本目 エッちゃん(パンストルール)
3本目 マロ栗山(プロレスルール)
※3本目は勝者の初夢がかなえられるというルール
3選手は7周年興行の初夢会場希望を発表
エッちゃんは大阪府立体育館、大久保は京セラドーム、マロは東成区民センター
勝者のマロの初夢会場が叶えられる形となり
4/16(日)東成区民センタ大会が決定した。

▼メインイベント プロレスリング紫焔タッグ選手権試合タッグマッチ60分一本勝負
【王者】
ラスカル藤原
○ドングリー藤江
ムーンサルトプレス
11分30秒
【挑戦者】
政岡純×
DAICHI
※王者組が3度目の防衛に成功
※試合後
藤江が麒麟の挑戦表明に返答。
2/26世界館大会での防衛戦を受ける形でタイトルマッチが決定した